今後どうなる?合葬墓(永代供養墓)の経営母体が倒産したら

合葬墓(永代供養墓)は設置経営主体である永遠管理者や寺院が予め将来に向けての必要な使用料、供養、管理の費用を前払いで受けているので、残された家族や遺族がお墓の管理をしなくても半永久的に(といっても期限はある)面倒をみてくれるものです。
最近の時代の流れは
「家」という考え方から「個人」という考え方に急速にシフトしているので、今後hが合葬墓(永代供養墓)が一般的になるかもしれm線。

今は日本全国にたくさんの合葬墓(永代供養墓)ふがどいんどん作られています。
また永代供養のための納骨堂などのテレビコマーシャルもバンバン流れていますよね。
・少子化
・非婚化
・共働き
・核家族化
さrたには
・お墓のありかた
これらを考えれば合葬墓の需要はますます大きくなっていくでしょう。

個人墓地の経営が先細りであるのですから、多くの墓地経営者や墓石会社もどんどんこの合葬墓(永代供養墓)事業に乗り出しています。
しかし、その供給に需要が追いついついていないこともあります。
すでに財団法人経営の大規模霊園が経営破綻したり
公益法人格の取り消し団体も出でてきたり
心配な面もありあmす。

ほんの数十年前は墓地不足でマスコミも問題視していて、政・官そろって新しい墓地の開発が活発に行われていたのですけどね。

合葬墓の設置母体は寺院などの宗教法人ですが、実質的経営はそれとは別なことも少なくありません。
近い将来、その経営母体が危ういことになれば合葬墓8永代供養墓)はどうなるのでしょうか?
墓地の設置主体が経営破綻したらハード(墓)は残るとしても、故人の記憶が無くなりはしないだろうか?
そんな最悪の場合は管理されていた遺骨は他の合葬墓で合祀されるのでしょうか?
まだmだそんな時代は目にしたことはないのですが、これから起こりうる問題でもあります。
そのためにも合葬墓選びはしっかりとした目で選びたいものです。
永代供養料や使用料などの料金を急に値下げして安売りセールでもしてこないか?
そんな観点からも値段だけでは決めないのもい良いかもしれません。
いいお墓 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です