バンコクのウィークエンドマーケットはワンダーランド!

バンコクには巨大なウィークエンドマーケットがあります。地元の人は「チャトゥチャック」と呼んでいます。

私も地元の人を真似て「チャトチャ」と呼んでいました。「チャトチャ」の方が地元の人の発音に近いと思います。

ウィークエンドマーケットということからもわかるように、「チャトゥチャック」は週末のみオープンする市場なんです。

地元に人と観光客が、地下鉄(MRT)カンぺンペット駅かBTSモーチット駅で下車して、市場に向かっていきます。

私は仕事柄何度もバンコクに行ってるのですが、駅を降りて市場に向かうときは、嬉しい気分ですね。

たいていの場合とても暑いのですが、それがまたテンションアップに拍車をかけます。

バンコクの中心地からも地下鉄かBTS(モノレールのようなもの)で、15分から20分程度でしょうか。

バンコクの中心部は大都会。日本人の旅心をくすぐるのは、郊外の「チャトチャ」です。

アジアン雑貨からペット(これを買うのは大変ですが)、衣料品など、何でも売っています。広さは1.13 km²、15000店舗もあるそうなんです。

中には銀行やレストランもあります。エアコンが入っているレストランもあるので、ここでビールやフレッシュジュースを飲むのが、みんなの楽しみになっています。

職場へバラマキ用のお土産も一つ100円から300円程度で手に入りますので、とても助かります。中心地のデパートなどでは、綺麗な包装紙に包んで1000円近くするものもありますよ。

ただし、暑さ対策とひったくり、スリには注意しなければなりません。それから、ぼったくりのお店もあるそうなので、他のお店もしっかりチェックしてから買うようにしましょうね。

物価が安いのでぼったくられていても、日本人は気づきにくかったりしますからね。同じ店でたくさん購入して、値引き交渉に入りましょう。

バンコクにはたくさんの思い出がありますが、コロナでチャトチャックマーケットもお店が激減しているそうです。また以前の活気を取り戻してほしいと思います。

探偵 浮気 調査

珠玉のラブストーリー、恋愛映画4選~巣ごもりのお供に!

マディソン郡の橋-不倫は純愛に変わるか

片田舎の主婦と都会からきたカメラマンの4日間だけの恋を描いた作品。メリル・ストリープ演じる地味な主婦は、夫と子供たちの留守中に、ローズマン橋の撮影に訪れたナショナルジオグラフィック社のカメラマンと出会い恋に落ちます。

一時は駆け落ちまで考えた主婦ですが、家族のことを考えなんとか思いとどまります。

彼女の死後、真面目だった母親の「秘め事」を知った成人した子どもたちが、二人の恋が永遠のものとなるように行った行動とは…?

世界の中心で、愛をさけぶ-爽やかな後味の残る切ないラブストーリー

テレビドラマや舞台にもなった大ヒット作品。日本中に「セカチュー」旋風を巻き起こしました。

高校生と大人、同じ男性が主人公となる二つのストーリーが交差します。彼の高校時代に好きだった今は亡き恋人と、現在の恋人との意外な関係とは?

白血病に罹患した高校時代の恋人を長澤まさみさん、現在の恋人を柴咲コウさんが演じます。

豪雨の中、病の恋人を病院から連れ出し、オーストラリアに向かおうとするシーンは、涙を誘います。

空港で「助けてください!」と叫ぶシーンはいつまでも記憶に残ります。

ポンヌフの恋人-ホームレスのキュートな二人

フランスのポンヌフ橋に暮らすホームレスの青年と、失明の恐怖から家出をした女学生の純愛物語。

女学生と別れるのが嫌で家族が貼った「尋ね人」のポスターを剝がす青年。

なんとなく、バッドエンドの予感が漂う作品ですが、予想に反してハッピーエンドで終わります。

とくにポンヌフ橋で繰り広げられる花火のシーンが圧巻。

50回目のファーストキス-日本版リメイクもオススメ

獣医師のプレイボーイと、交通事故の後遺症で事故後の記憶が眠るとリセットされ、同じ一日を毎日繰り返している女性とのハートフルなラブコメディ。

毎日同じカフェで食事をとる女性に、一日も休まず声をかけ、出会いのシーンから何度も繰り返すプレイボーイ。

たとえ50回目だって、女性にとっては「ファーストキス」なのです。

ところがとうとう彼女は事実を知り、彼の負担にはなりたくないという理由から「別れの決意」をするのですが…。

そこで彼の考えついた妙案とは?

コロナ禍で新しい恋のスタートもままならない今日この頃ですが、珠玉のラブストーリーで、ホットな気持ちになりましょう。

オススメサイト↓

健康大麻油 効能