仕事はやりたくない嫌なことからは取り掛かりなさい

誰でも朝一番 仕事はすっきりした気分で始めたいものです。
しかし、そこをあえて
やりたくないこと
嫌なこと
から始める習慣を身に付けて欲しいものです。
しかし、その日の最初にやる仕事がハードで苦手な物だとなかなか取り掛かる気分に離れません。
ついついぐずぐずと後回しにしてしまいます。
そのうちに上司の指示やお客様からの催促の電話で嫌々でもやらなければなりあmせん。
しかも、その知己には前よりも威さらに所いう今日が悪くなっているはずです。
その解決にはぐずぐずしていたせいで何倍もの余分な時間と労力がかかります。

確かに朝一番から嫌な仕事、ハード否仕事では気分も憂鬱になります。
そこでぜひ子供の頃の夏休みの宿題やドリルを思い出してみてください。
夏休みの宿題 最初のほうはきっと簡単な計算問題や漢字の読み書きが並んでいたはずです。
最初に基礎問題
後に効用問題が続いているのはやる気をそがないためです。
そこで、朝一にやる仕事は出k時るだけ取り掛かるのにエネルギーを射が要らない簡単なことから始めてもいいかもしれません。
しかし、必ず二番目にはやりたくないこと、対う変なことに取り掛かっていくようにしてください。

大事なのは
午前中にこそ実りのある仕事をやる
という遺志器です。

午後はどうしても取引先からの連絡や上司・同僚からの相談打ち合わせに時間をとられてしまいます。
そんな状況で嫌なことやハードな仕事には取り掛かれないのです。

まずは目の前にある大嫌なことやハード否仕事から取り掛かるようにしましょう。
そいて、行き詰まったら休憩がてら簡単な仕事をやるような意識を持ってください。
仕事も勉強も後回しにしていてよいことなどひとつもありません。
あえて嫌なこと、やりたくないこと、ハードなこと
そんなことから手を付けると後がすごく楽になるのです。
しかも後回しにすればするほど、余計に大変になることを知っておきましょう。
嫌なことから済ませれば仕事が余計にはかどるのです。
実務者研修 どこがいい 働きながら

更年期を認めよう!現実を認めると楽に生きられる

更年期かなーと思い始めた時、更年期障害でイライラしていませんか?
イライラするのは更年期になってからが初めてですか?
昔もイライラしたことありませんでしたか?
昔のことだと忘れてしまいましたか?

人は『思春期』にもイライラするものです。
なぜなら、思春期は体の成長に心の成長が追い付かないから、成長のズレが解消されるとイライラしなくなるのです。

『更年期』にイライラするのは、体の老いに心の老いが追い付いていないからです。
気持ちは若々しいつもりではいても体が追い付かない、昔は出来たことが出来なくると人は惨めに感じるものです。

気持ちはあるのだけど体が付いて来ない、体力では勝てなくなると口で勝とうとするため、更年期に入ると理屈っぽくなります。

更年期に入ってイライラしだしたら、素直に老いを認めるほうが楽に生きられます。

老いを認めず若作りをしても、若者に若さで勝つことは不可能、無理して勝とうとするのは傍から見ていると痛いだけ。

イライラが解消されない時に心療内科や精神科を訪れる人がいますが、これらを訪れても他科のように検査をするようなことはなく、問診だけでクスリが処方されます、なぜでしょう?

なぜなら、検査する場所が不明だから。

歯科であれば歯を、眼科であれば目を検査出来ますが、心療内科を訪れても心が何処にあるのか分かっていない、精神科を訪れても何処に精神があるのか分かっていないのですから、検査のしようがありません。

イライラした時などに処方されるのが伝達物質であるセロトニンを増やすクスリ、セロトニンが不足をするとイライラしたり不安な感情に陥りがちになるのです。

セロトニンの多くがあるのは腸、腸のコンディションが鈍るとセロトニンは減ってしまうため、イライラした場合は腸のコンディションを整えるようにしましょう。

更年期の詳細はこちらを読んでください。
https://www.strangewaysrecording.com/kounenki/