離婚の慰謝料とは相手の精神的苦痛の金銭的賠償である

「離婚するから慰謝料をいただきます」
そういう奥様も多いのですが、少し誤解をっされているのではないでしょうか?

離婚の慰謝料とは
置いてに与えた苦痛に対して支払う金銭的賠償
です。
ですから、慰謝料とは、離婚の原因を作ったほうが支払う金銭的賠償なのです。
つまり
浮気などの不貞行為によって精神的靴を受けた場合、その苦痛に対して慰謝するためのお金です。

しかし、難しいのは離婚はどとらかに原因があると判定が難しいことです。
特に協議離婚の場合は、加害者と被害者の断定ができないことも少なくありません。
例えば
離婚の原因が「浮気などの不貞行為」であっても
「浮気をしたのは日ごろから侮辱するからだ」
と夫が主張などして来たら話は複雑になっていきます。

慰謝料を巡っては双方の話し合いがまとまらない場合は、弁護士を立てて話し合うしかありません。
その流れで調停や裁判になれば、どちらに責任があるか?が明確になるため解決もしやすくなります。

ただし、それでも必ずしも慰謝料がもらえるわけでもありません。
家庭裁判所の調停委員や裁判官が
「お互いの非は5分と5分」
と判断されれば慰謝料はもらえません。

また離婚の理由が「性格の不一致」である場合は慰謝料をもらるのは難しいとされています。

慰謝料の請求は離婚後3年までというのをご存知ですか?

慰謝料は離婚後でも請求できあmすが、それには期限があるンドエス。
離婚後3年を過ぎてしまうと、慰謝料の請求権は事項で消滅してしまいます。
慰謝料と財産分与は似て非なるもの
慰謝料と財産分与はその性格的に大きく異なります。
相手の責任の有無
不法行為の有無
が昭雄らかである場合は
慰謝料を財産分与は別々に考える必要があります。

なお、調停離婚や離婚裁判では
財産分与と慰謝料のそれぞれの根拠と希望する金額を明記して申立書に記入します。
ただ、離婚の慰謝料はあなたが思っているほど高い物ではありません。
テレビで報道される離婚の慰謝料は、えてshじてお金持ちの人気芸能人ばかりですからあなたにはあてはまらないものです。・
旦那 ライン 怪しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です